根管治療を行えば虫歯の痛みはなくなる

患者からしてみると、歯の根管治療を行う最大のメリットは虫歯による痛みがなくなることです。痛みを感じている神経を除去してしまうので虫歯自体は残ってもなにも感じなくなるのです。もちろん、治療中は麻酔をかけたとしても痛みを感じ、かなりの苦痛を強いられることもありますし、根管治療を行うとなぜか虫歯ではない周囲の歯に違和感を感じることもありますが、時間が経てばそういった問題からは解放されます。

しかし、根管治療にはデメリットもあり、たとえば歯が砕けやすくなるのは最大の問題の一つといっていいでしょう。根管治療を行うと表面上は特に問題がなくても歯の内部は空洞になり、その分、強度を失ってしまうからです。

義歯をかぶせてもらうのが治療のゴール

では、根管治療を行った歯を砕けさせないためにはどうすればいいのかというと、速やかに義歯をかぶせてもらうのがいいでしょう。そもそも、根管治療は差し歯を入れるにあたって行うことが多く、歯医者にわざわざ頼まなくても治療を進めれば最終的に義歯をかぶせてもらえるはずです。

ただ、患者の中には根管治療をしてもらって歯の痛みがなくなり、虫歯の部分にレジンを詰めてもらうことで美容的にも問題がなくなって、これで治療は終わりだと勝手に判断し、差し歯を入れてもらう前に歯医者に通うのをやめてしまう人がいます。そういった人の歯は、おそかれはやかれ、砕けてしまう可能性が高いです。歯が砕けてしまうと単純な差し歯では対応できなくなるので、そうならないように最後まで治療してもらうようにしましょう。

根管治療は、虫歯が神経に達した場合に神経を取り除いて神経が入っている管の汚れを取り薬剤を入れることです。薬剤の充填には、垂直加圧充填と側方加圧充填があります。