前日までにムダ毛を処理しておく

VIO脱毛を受けるときは、前日までに自分でムダ毛を処理しておかなければなりません。処理の難しいデリケートな部分ですが、電動トリマーやシェーバーを使えば簡単に整えられます。最初は体を濡らさずに、毛の流れに沿いながらトリマーを動かして長い毛をカットしていきましょう。ある程度短くなったら、毛の流れに逆らって動かすことでかなり短くカットできます。残った毛をシェーバーで剃れば処理は完了です。肌の弱い人はクリームやジェルを使いながら優しく剃っていきましょう。

施術当日のサロンでの流れ

サロンに着いたら、紙ショーツなど用意されている施術用の下着に着替えます。Vラインの施術は、仰向けの状態でショーツを寄せながら片方ずつ行われるのが一般的です。足を閉じて寝ているだけで大きく動く必要はありません。Iラインは仰向けでM字開脚のように、片足を横に上げた状態で施術が行われます。Oラインはうつ伏せになり、お尻を開いた状態でレーザーを照射していく流れです。時間は各10分程度で、施術はVラインが最初で次にIライン、最後がOラインの順番になっています。施術後は保湿などのアフターケアも行われるので安心です。施術が終われば着替えてすぐに帰れます。待合室でドリンクを飲みながら休憩したり、次回の予約を入れておくのも良いでしょう。サロンによって細かい違いはありますが、基本的な流れはほぼ同じです。分からないこともスタッフさんが丁寧に教えてくれるので、気軽に質問してみて下さい。

VIOライン脱毛は施術中の痛みが強いと言われていますが、麻酔が使える医療機関であればストレスなく施術を受けられます。