手間がかからない方法ほど肌へのダメージが大きい

体毛を人為的な方法で取り除く脱毛処理はエステサロンや美容外科で行う大掛かりなものから、自分で手軽にできる簡単なものまで方法は多彩です。いずれの方法も見栄えが悪い体毛を取り除いて肌を綺麗な状態にするのが目的ですが、一般的に簡単な脱毛処理ほど肌へのダメージが大きくなる傾向があります。自分で手軽に実行できる脱毛としてカミソリによる剃毛と、毛抜きを使った引き抜きが有名です。カミソリは体毛を剃り落とす際に刃が当たっている表皮が傷つきます。目に見えないほどの微小な傷ですが、何度も剃毛を繰り返すことで傷の発生が慢性化し、表皮の角質化や色素沈着を引き起こすのです。毛抜きを使った体毛の引き抜きは毛穴の周囲に強い痛みをもたらす他、毛穴に炎症が発生するのが欠点です。毛穴が腫れて赤い斑点のようになり、見栄えが悪くなります。

綺麗な脱毛処理はスキンケアを併せて行うことが肝心

エステサロンや美容外科で行う脱毛処理が綺麗に仕上がるのは専用の器具や薬剤を使って丁寧に体毛を除去する他、処理後のスキンケアを入念に行っているのが大きな理由です。自分で体毛を処理した後に肌の状態が悪くなるのはスキンケアを怠っているからです。脱毛処理は肌への刺激が強く、その刺激が積み重なると角質化などのトラブルを引き起こします。スキンケアは刺激を受けて弱った肌を労わる効果があるので、処理後のトラブルを避けるには必須なのです。スキンケアの基本は潤いを保ち、傷を癒すことなので保湿効果が高く傷口を覆うための皮膜が形成される化粧水や保湿剤を使うのが良いとされています。自分で脱毛処理を行った際は必ずスキンケアも行い、肌を労わるのが美しさを保つ秘訣です。

医療機関でのみ受けられる医療脱毛は高出力のレーザーを用いるため、永久的な脱毛効果を得る事ができます。